2008年01月02日

危なかった・・・

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

と、新年のご挨拶が出来なくなってたかもしれない事が
新年早々起こってしまいました。危なかったです。

31日から鳥達はお留守番で実家に帰りました。
その夜、恐らく一番の冷え込みになり、ヒータはあるものの
鳥達が少々心配でした。

1日の夜帰ってきました。
く〜とまるは元気に迎えてくれましたが、ちびは膨れて
寒そうにしていたので部屋を直ぐに暖めてあげて昨夜は寝ました。

そして今朝、ちびを見たら嘴、目の周りが真っ白で直ぐにその
異常に気付き手で抱いてあげると足も嘴、身体がものすごく
冷たくなって力が抜けてました。今にも消えそうな炎のように・・・

とにかく体温を上げるために懸命に手の中で抱きしめ、暖め、
祈るような思いでした。

すると段々と体温が上がってきて、ビタミン入りの砂糖水を
飲むようになってきてきました。

保温箱を用意して、餌、水を入れて上げると、驚く程水を飲み、
餌を懸命に食べてくれました。多分あまりにも体温が下がって
水も餌も食べれなくなってたのでしょう。あまりにも焦って
食べてしまって途中餌を吐き出し慌てましたがなんとか
落ち着きました。いや〜危なかったです。

落ち着いた後の写真です。

chibi080102A.jpg

chibi080102B.jpg

しかし今も落ち着いてはいるものの多分また肺炎になってる
可能性が高く、早いうちに病院に連れていこうと思います。

反省します。ごめんなさい。ちび。(ToT)
冬場一泊の外泊はもうしません。
posted by トモヒロ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Bird Famiiy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。