2007年07月22日

ちび手術しません。

今、先生と電話でお話しました。
やはり、ちびは、相変わらず元気がなく、普段家にいる時と
同じように殆ど寝ており、違いがあるのは、自分で餌を食べる
ことが出来ないため、強制給餌して頂いてることです。
神経質なちびの性格上、環境が変わったためと思われます。

通常体力が無くなった鳥は、点滴により元気を取り戻すよう
ですがちびには、効果が無かったようです。(-_-;)

ということで明日の手術は、リスクが高いのと、腫瘍もこの
3日間で大きくなっている様子も無いことから明日一旦退院する
こととなりました。

ちびを明日迎えに行きます。そしてこれからもいつもと同じように
一緒に大切な日々を共にします。ずっと。


posted by トモヒロ at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | Bird Famiiy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トモヒロさんこんばんは♪

そうですか!手術一時取り止めなんですね!
横浜小鳥の病院出身の先生だから腕は確かだと思うのですが
小動物の場合、麻酔の症例が少ないとかで
結構ハイリスクみたいなんです(;;)
以前私は麻酔でウサギを亡くしてしまい
ちょっと麻酔って言葉に敏感でごめんなさい。

でも今までのちびちゃんの幸運がついているから
きっと乗り越えてくれるでしょう!
ちびちゃん&トモヒロさん頑張って(^^)b
Posted by ゆう&まぁ at 2007年07月23日 23:45
ゆう&まぁさんコメントありがとうございます。

昨日無事ちびが帰ってきました。詳しいことは、
この後アップ致しますが、餌もしっかり自分で
食べてて元気です。腫瘍も3日の入院で大きく
ならなかったことから悪いものじゃないだろう
とのことでした。

確かに麻酔は、リスクが大きいようですね。
麻酔でウサギさんを亡くされた時のショック
は、さぞかし大きかったことでしょう。

今のちびの状態を見る限り、今回手術を
しなかったのは正解だったと思います。
でも今後は、これまで以上にちびの状態を
注意深く日々観察していこうと思います。
Posted by トモヒロ at 2007年07月24日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48905465

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。